Laravel」タグアーカイブ

LumenでHelloWorld

投稿日:

夜中(3:00くらい)にスコーン、スコーンと定期的にテニスでラリーをしている様な音が聞こえてきて、こんな夜中にテニスの練習なんかするんじゃねぇーよとベランダから周りを見ても誰もいないし、外ではスコーンの音は聞こえないし、え?何だったのと思って寝床に戻るとまた聞こえてきて冷静に確認したら妻の鼻息でした。

というわけで、今回はローカルのMacでLaravelのLumenを使ってHelloWorldまでやってみたのでメモっておきます。
なんで今さらと思うかもしれませんが、簡単なAPIを趣味で作る機会があり、せっかくなので前から興味のあったLumenを使ってみようと思い立った次第であります。

といっても、ググれば laravel製軽量フレームワーク Lumen を試してみる – Qiita など、いくらでも分かりやすい記事がすぐ見つかると思います。
これらを参考にすれば大体おkなのですが、実際に試してみると微妙にハマった部分(バージョン違いによるもの)もあったので、一応自分で行った手順を書いていきます。
続きを読んでみようかな…

Facebook Messenger Platform BETA を利用して国旗と首都と位置座標を返すBOTを作った

投稿日:

先日、Line Bot Apiを利用して国旗と首都と位置座標を返すBOTを作った を書きました。
ついでといってはなんですが、FacebookのMessenger Platform BETAを使って同じ様なBotを書いてみたので記しておきます。
はい、今更です。

どんなBot?

  • 日本語で国の名前をつぶやかれたら
    • 国旗の画像、首都名、首都の位置座標(GoogleMapsのURL)を返す
      • 上記はGeneral template(画像 + テキスト + ボタン)を使います
    • 分からなかったら分からないと答える
      • この場合はテキスト送信

そんなBotです。名前はCoutry-botです。
(といっても後述しますが公開はしていません)

プログラムは今回もLaravel(ver5.2.29)で書きました。

先に完成形

完成形はこんな感じです。
(gifなので重いです)

続きを読んでみようかな…

Line Bot Apiを利用して国旗と首都と位置座標を返すBOTを作った

投稿日:

カントリーBot この道 ずっとゆけば あの街に 続いてる 気がする カントリーBot  

というわけで、ものすごく時期を逃して賞味期限切れ感満載なのですが、僕もLineBotApiを使ってBotを書いてみました。

【注意】このBotはもう動きません

【Lumen】LINEの Messaging API を使って再度Botを作ったお話 | Shimabox Blog にて新しく書き換えています。

どんなBot?

  • 日本語で国の名前をつぶやかれたら
    • 国旗を返す
    • 首都名と首都の位置座標を返す
    • 分からなかったら分からないと答える
    • 虐められてもいいようにユーザーのログは残します

そんなBotです。
名前はcountry-botです。

どうやれば作れるの?

続きを読んでみようかな…

Laravel-Bladeを試してみた

投稿日:

知らない家の目覚まし時計で目が覚めました。

LaravelはBladeっていうテンプレートエンジンをデフォルトで使います。
ほいで、Bladeって凄いんです。継承とか出来ちゃうんです。
@extends('XXX')とか@parentとかです。
もちろん他にも色々あるんだけど、一番継承がびっくりしました。
※こう書くと最近のテンプレートエンジンを知らないってバレそう

詳しくは、Laravel4 テンプレート が参考になると思います。
{{{ でもエスケープしたい時、{}を3つも書かなきゃいけないのは面倒だね!! }}}

自分が思うにhtmlをゴニョる時って、ヘッダーとコンテンツとフッターがあって、コンテンツを常にいじって、ヘッダーはmetaタグの中で動的に変わる部分があって面倒くさくて、フッターは別にみたいなイメージです。
あとはサイドバーとかナビバーとかかな。

その中でも、集中して修正したいのはコンテンツ部分だと思います。
んで、上手い事部品としてそれぞれ分割されているとやりやすいかと。

その辺り上記 Laravel4 テンプレート を参考に、ちょっと試行錯誤してみたので備忘録がてらに残してみます。
試したlaravelのバージョンは4.2です(4以降だったらOKだと思います)。

続きを読んでみようかな…

Laravelでスタブる

投稿日:

あっという間に3月も10日過ぎました。

さて、前回に引き続きLaravelの話。
HelloWorld出来たし、何か書こうかなぁと。

んで、今回は開発環境ではスタブを使って値を返したい時について。
例えば、お客さんの環境でしか動かないAPIを使わなきゃいけない時、そんな時どうするか。
自分なりに、調べたり考えてみたので残しときます。

目次

  1. 環境設定
  2. 設定ファイル
  3. オートローダー
  4. スタブる

続きを読んでみようかな…

LaravelでHelloWorld

投稿日:

ララベル、ララベル、ルールルルー

という事で、最近自分の周りで何かと話題なLaravelを触ってみました。
とりあえず、HelloWorldまでやってみる。

先に、環境は以下になります。
LAMP環境は基本的に揃っている想定です。

OS

CentOS release 6.2 (Final)

PHP

ver 5.4.13
※ Laravelは5.3以上でまぁまぁ動くです(但し、MCryptが必要です)
※ でも多分、5.3.7以上がいいです
※ 楽したいなら5.4以上がいいです(traitとか使うパッケージも入れたかったりする。今回は使わないけど。)

あ、そうそうLaravelはver.4.1を入れます。

目次

  1. Laravelとは
  2. Composerのインストール
  3. Composerを使ってLaravelプロジェクト作成
  4. HelloWorld

続きを読んでみようかな…