CI」カテゴリーアーカイブ

php-webdriverを簡単に試せるライブラリ書いた

投稿日:

自由研究が終わっていない!やばい!となって週末全力で息子の宿題をお手伝いしました。
このへんは血が争えないというか、やはりこうなってしまうんだなぁと歴史というか、得体の知れない何かを実感しました。

というわけで、先日までちょくちょくとphp-webdriverを触っていたのですが自分の中である程度まとまったのでライブラリ化しました。
名前はpmdです(php-webdriver → pwd → ひっくり返して → pmd)。

2017/09/02 追記


名前、最初気にしてなかったけどやっぱり気になったので変えました。

screru(スクレル) です。
(スクリーンショットが撮れる → screenshot ga toreru → screru)

2017/09/02 追記ここまで

といっても大層なものでもなく、自分自身が欲しいなぁという機能をラップして組み込んだものになります。

入れた機能としては以下の通りです。

  • PHPUnit用に組み込める関数群をTraitとして用意
  • 画面のフルスクリーンキャプチャ
    • 後述しますが、テスト(assertion)失敗時にキャプチャを撮る仕組みもあります
  • 指定要素のキャプチャ

対応ブラウザは、

  • Firefox
  • Chrome
  • Internet Explorer (windows)

のみとなっています(いまのところ)。

使い方

seleniumや各ドライバーのインストールなどは、

README.mdを参考にしてもらうとして簡単な使い方を書きます。
続きを読んでみようかな…

Travis-CIでhhvmのテストが失敗するようになっていたようだ

投稿日:

気軽にCIを試せるぞ!!というわけでGitHubではTravis CIを使っているのですが、なんとなく昔作ったリポジトリでbuildしてみたら見事にコケました。
その時出たメッセージがこちら。

HHVM is no longer supported on Ubuntu Precise. Please consider using Trusty with `dist: trusty`.

HHVMは、Ubuntu Preciseではサポートされなくなりました。dist:trusty にてTrustyを使用することを検討してください。
※Google翻訳によるとこんな感じ

このメッセージを読む限り、hhvmの時は.travis.ymldist: trustyを追加すれば良さそうです。ところがはて、この条件の時はこの設定を読み込むみたいなのってどうするんだろうとなりましてググったら以下の情報が出てきました。

こちらを参考に書き直した.travis.ymlがこちらになります。
続きを読んでみようかな…